住宅のデザインを一新する外壁塗装

住宅の劣化を防ぐためにも重要な外壁塗装ですが、住宅の美観性を高める効果もあります。
和風住宅でもデザインに工夫を凝らすことで、魅力的な外観になるでしょう。実際のリフォーム事例を参考にして、理想的なリフォームプランを検討してください。

木造モルタル外壁塗装表 煉瓦調サイディング塗装表 外壁シリコン塗装工事表

和風住宅の顔 瓦屋根の豊富なメリット

瓦屋根

和風住宅にとって瓦屋根はとても重要な要素となります。デザインに富んだ瓦屋根は、豊富な機能性も兼ね備えています。ここでは瓦屋根のメリットを紹介していきます。

塗装作業

優れた耐久性

屋根は紫外線によって劣化が進みやすい場所でもありますが、焼き物である瓦は通常の屋根よりも耐用年数が長いのです。建造物によっては、1000年前の瓦屋根が現存してるケースもあります。瓦は焼き上げる際に、釉薬(ゆうやく)を施します。高温で焼き上げることで化学反応が起こり、発色するのです。そのため、経年劣化による変色や色あせがほとんど発生しません。このように、塗り替えの必要がない瓦屋根ですが、野地板や下葺き材といった下地は、定期的にメンテナンスを施すことが求められます。 瓦の平均的な耐用年数は60年と言われています。

空

断熱効果

瓦屋根の特徴として、屋根の下地と瓦の間に隙間があることが挙げられます。この隙間が空気層となり、熱が住宅内部に伝わるのを防ぐのです。通気が行なわれることで住宅内部を適度な温度で保ち、木材などの劣化を防ぐ効果もあります。高温多湿である日本の気候に適した瓦屋根は、夏は涼しく冬は暖かい理想的な住環境を整備することができるでしょう。現在ではエアコンが普及していることもあり、内断熱を施す住宅が増えてきました。しかし内断熱には、一度吸収した太陽熱が住宅の外へ排出されにくいという欠点があります。そのため、エアコンを必要以上に稼働してしまう傾向にあるのです。太陽熱を住宅の外へ逃がす瓦屋根は、エアコンを余分に稼働させることもないので、省エネにも高い効果を発揮します

防音マーク

遮音効果

外壁材を選ぶ際に遮音性を考慮する人は多いですが、屋根材に遮音性を求める人は多くありません。しかし、雨音などの音量は使用する屋根材によって大きく異なります。粘土で出来ている瓦はトタンと比べると、優れた遮音効果を発揮します。小さいお子さんや、騒音に敏感な人が居るご家庭では、遮音効果の高い瓦屋根を検討すると良いでしょう。

このように瓦にはメリットが豊富にあります。近年では軽量化された瓦や落ちない工法が開発されているので、住宅に負担をかけることもありません。ダメージが蓄積しやすい屋根だからこそ、瓦のような素材が勧められるのです。

外壁塗装を施すことで住宅の寿命も延びる

外壁塗装には、住宅の美観性だけではなく、耐久性や機能性を高める効果もあります。ここでは外壁塗装を施すことによって得られる効果を紹介します。

外壁塗装を施すメリット

住宅の耐久性を高める

外壁塗装を施すことは、住宅の内部構造の保全に繋がります。そのため、地震や台風といった災害にも強い住宅にすることができるのです。撥水性が高い塗料は、雨水を弾く効果があります。外壁内部に水分が侵入するのを防ぐことで、木材部分の腐食といった劣化を阻止する役目があるのです。適度にリフォームを施すと、住宅の寿命が3倍に伸びるとも言われています。また外壁塗装を施し耐久性を高めることで、住宅の維持にかかる費用が抑えられるだけではなく、資産価値の向上にも繋がります。

節電効果も期待できる

現在では塗料にも、断熱・遮熱効果が備わっているものが増えています。これらの塗料を外壁塗装に使用することで、外の温度が室内に伝わりにくくなります。外気の影響を受けづらくなるため、エアコンを稼働させすぎることがなく、節電効果に繋がるのです。自治体によっては高反射率塗料などを使用することで、リフォーム費用が助成金として給付される場合もあります。お住まいの自治体の助成制度を確認することで、費用の負担を少なくリフォームができる可能性があります。

使用する塗料によって効果も費用も様々

外壁塗装を検討する際は、使用する塗料も適切に考慮する必要があります。塗料の種類によって得られる効果が異なるだけではなく、費用にも大きく関係してくるのです。ここでは外壁塗装で使われる塗料について紹介します。

アクリル塗料

アクリル塗料は価格が安く、手軽に使用できることから、かつては頻繁に使われている塗料でした。しかし、耐用年数が5~8年程度と短く、汚れやすい性質であるため、アクリル塗料を使用する塗装業者も少なくなりつつあります。

ウレタン塗料

柔らかい塗膜でできているウレタン塗料は、外壁のみではなく木部や鉄部の塗装にも適しています。そのため、雨どいや雨戸といった付帯部の塗装でよく使用されている塗料です。耐用年数は7~10年程度となっており、アクリルよりも高い耐久性を有しています。

シリコン塗料

耐熱性や耐候性に優れたシリコン塗料は、外壁塗装でもっとも多く使われている塗料です。アクリル塗料やウレタン塗料と比べると多少高額ですが、耐用年数も7~12年程度と長いため外壁塗装に適した塗料と言えるでしょう。

フッ素塗料

外壁塗装で使われる塗料の中で、特に高い性能を誇るのがフッ素塗料です。耐用年数も15年以上と長く、親水性や防カビ・防藻性にも優れています。そのため、他の塗料よりも高額ですがリフォームの回数を減らすことができるので、長期的に考えるとコスト削減に繋がります。

塗料のグレード・コスト・塗装周期グラフ
TOPBUTTON